FC2ブログ
コラム
お知らせや病院内の出来事など。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/03/27(金) 16:01:53

乳腺のお話

<乳腺腫瘍>

こんにちは。
前回の老化と、年をとった子に多い病気のお話はいかがだったででしょうか?
今回は、女の子に多い注意していただきたい病気“乳腺腫瘍”のお話です。

乳腺腫瘍とは、乳腺にしこりなどが生じる病気です。

乳腺腫瘍には、良性と悪性があり、犬ではしこりができた場合
良性と悪性が半々とされています。平均発症年齢は10~11歳です。

猫では90%が悪性だと言われています。
平均発症年齢は10~12歳です。


イヌは避妊手術の時期により発症頻度が変わります。
nyuusenn.gif
上の表の数字を見てわかるように、2回目までの間に避妊手術をすることをおすすめします。
女の子の飼い主さんは、おっぱいの近くに不自然なしこりがないか、日頃から確認してあげて下さい。


もしも発見したら、病院に受診する事をおすすめします。


治療法の第1選択は、外科的切除です。
病理検査で良性か悪性がわかります。

また、“炎症性乳がん”というタイプの場合、非常に悪性度が高く、効果的な治療法はありません。
刺激院より炎症を進めてしますため。手術できないのです。

<まとめ>
交配させないのであれば、早めに避妊手術をする。
日頃から体を触るようにして、早期発見に繋げる事が大切だと思います。




次回は4月から始まる狂犬病についてと、フィラリアについてお話したいと思います。
「乳腺のお話」 Trackback [x] |Comment [x]
 
カレンダー
 
検索フォーム
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。