FC2ブログ
コラム
お知らせや病院内の出来事など。


超音波検査機器が新しくなりました。アロカ社製ProSound α5vを導入し、以前では考えられないほどの検査精度を確保しました。

 以前の超音波検査機器では、臓器の辺縁や大まかな位置などは観察できましたが、臓器内の「質」までは評価できませんでした。これがα5vになってから肝臓・腎臓をはじめとする臓器の細部を確認できるようになったほか、血流を観察することができるようになり、腫瘍などの形態評価・血流評価・細胞診時の確実性などが大幅に向上しました。
スポンサーサイト



お知らせ Trackback [x] |Comment [x]
 
カレンダー
 
検索フォーム
 
QRコード