FC2ブログ
コラム
お知らせや病院内の出来事など。
2009/12/11(金) 11:01:24

「心臓病のお話」

『心臓病について』
今回は、心臓の病気についてお話したいと思います。
心臓の病気と一言でいっても、その種類は様々です。


☆僧帽弁(三尖弁)閉鎖不全☆
心臓は4つの部屋に別れていて、心臓が収縮することで、全身と肺に血液が流れます。
上下の部屋の間には、弁がついていて、若いうちはその弁が血液の逆流をふせいでくれます。
しかし、年をとるにつれてその弁が弛み、血液の逆流が起こることがあるのです。
健康診断やワクチンなどで、聴診したときに発見されるのは、初期の心雑音です。


☆肥大型心筋症☆
特にネコに多い病気です。
主に左心室の壁が内側に向かって厚くなり、左心室の内腔を狭くする病気です。
全身にうまく血液を送れなくなったり、血液が逆流して胸水や肺水腫を引き起こします。


☆拡張型心筋症☆
肥大型心筋症と逆に、心筋が薄くなって外側に向って拡張してしまう病気です。
収縮力が落ちて、全身にうまく血液が送れなくなったり、弁の輪が大きくなってしまい逆流を起こしたりします。


☆心室中隔欠損☆
先天性の病気です。
右心室と左心室を隔てている“心室中隔”の一部に穴があいたままになっていて
大半はその穴が小型で、左→右へ血液がもれる病気。


●心臓病の代表的な症状●
・咳をする
・食欲がない
・舌の色が青っぽい
・腹水(胸水)がたまる
・体が浮腫(むくみ)になる
・体重が減る
・運動、散歩を嫌がる
・失神


飼い主さんが気付かれる症状として、一番わかりやすい症状は、“運動・散歩を嫌がる”です。
この症状がみられたら、病院に来院して、身体検査をすることをおすすめします。

心臓病の症状がでた場合、内服薬によって、症状の緩和や症状の進行を遅らせることができます。
内服薬をはじめたら、ずっと飲み続けなければいけません。

また、人間の食べ物や、塩分の強いものは、心臓に負担がかかるので、与えないようにしましょう。
愛犬・愛猫のためにも、早期発見・早期治療が大切です。

日頃からよく様子を見てあげてください。
スポンサーサイト



「心臓病のお話」 Trackback [x] |Comment [x]
 
カレンダー
 
検索フォーム
 
QRコード